中小企業診断士の難易度

中小企業診断士の学歴から見る試験偏差値!

更新日:

Facebookで81人の学歴を調査した結果から、中小企業診断士に求められる偏差値を考察してみました。

あくまでFacebookでプロフィールに「中小企業診断士」と入力している人のみが対象だから偏りがあるのであくまで参考として読んでくださいね。

 

高卒・中卒でもなれる!学歴不問の資格「中小企業診断士」

高卒中卒でもなれる中小企業診断士

中小企業診断士は学歴不問で誰でも受験できる国家試験です。

最終学歴も学生の時の偏差値も全く関係ありません。

高卒だろうが中卒だろうが試験を突破できれば中小企業診断士になれます。

中小企業診断士を持っていれば、ある程度の能力を持っているアピールになるので、学歴が低めの方が経歴に箔をつけるために目指すこともあるようですね。

 

 

Facebookで81人を調査した中小企業診断士の学歴

Facebookで見る中小企業診断士の学歴

誰でも受験できる中小企業診断士ですが、誰でも「合格」できるわけではありません。

そのため、実際の中小企業診断士の学歴はどのレベルなのか調査してみました。

公的なデータはどこにもなかったので、Facebookでプロフィールに「中小企業診断士」と記載していた81人の学歴を集計しまとめました。

 

大学名 人数
早稲田大学 5
慶應義塾大学 5
大阪市立大学 4
京都大学 4
同志社大学 4
千葉大学 3
東京理科大学 3
中京大学 3
明治大学 2
琉球大学 2
神戸大学 2
法政大学 2
静岡大学 2
関西大学 2
東北大学 2
立教大学 2
首都大学東京 2
立命館大学 2
青山学院大学 2
滋賀県立瀬田工業高校 2
九州大学 1
中央大学 1
高千穂大学 1
専修大学 1
埼玉大学 1
東洋大学 1
兵庫県立大学 1
学習院大学 1
成蹊大学 1
福井大学 1
東京工業大学 1
創価大学 1
山口大学 1
大阪教育大学 1
大阪大学 1
名古屋大学 1
滋賀大学 1
大阪外国語大学 1
成城大学 1
宇都宮大学 1
甲南大学 1
大阪産業大学 1
関西学院大学 1
神戸市立工業高校 1
埼玉県越谷高校 1
大阪府立狭山高等学校 1
合計 81

 

早稲田大学と慶応義塾大学が5人と同率1位。その下に京都大学・大阪市立大学・同志社大学が4人と続いています。

世間一般で言う高学歴・高偏差値がボリューム層という結果が出ています。

やはり学歴がある人は試験勉強のコツをある程度把握しているので、受験勉強だけでなく資格試験にも強いことがわかりますね。

 

偏差値が上位の大卒が大半を占める中、高卒の方は5人確認できました。

学歴不問の資格ですが、高卒の割合は全体の約6.2%とかなり少数派です。

 

補足ですが、あくまでこれはFacebookで調査した結果です。

実際の中小企業診断士の学歴と乖離があるかもしれませんので、参考として捉えてください。

 

学歴から考えられる中小企業診断士に求められる偏差値

中小企業診断士に求められる偏差値

1番人数が多かった早稲田大学・慶應義塾大学の偏差値はどちらも67を超えています。

他の上位大学も偏差値60を超える高学歴と言われる大学ばかりです。

夢も希望もない話ですが、中小企業診断士は大学入試の偏差値で考えて60程度は必要でしょう。

 

もちろん高卒の方も実際に合格しているので、学生時代の偏差値がすべてではありませんが、学生のころから勉強ができた「地頭」が良い人が確実に有利です。

 

 

中小企業診断士に必要な能力

中小企業診断士に求められる能力

中小企業診断士試験に圧倒的な成績で合格したとしても、中小企業診断士としての成功が約束されているわけではありません。

中小企業診断士は他の士業よりも勉強を続けることが求められます。

新しい技術はどんどん出てきますし、世界情勢だって変化し続けています。

そのため、新しいことを学び続ける気概がないと、いくら高学歴だとしても使いものにならない名ばかり診断士になってしまいます。

逆に言えば、学歴がなくても、偏差値が低かったとしても、勉強を続ける気概さえあれば成功できるのが中小企業診断士です

 

試験勉強が苦手・長らく勉強から離れていた人が中小企業診断士を目指すなら

中小企業診断士試験は科目合格制度があり、1度の試験ですべて受かる必要がない試験です。

そのため、2~3年かけて計画的に合格を目指せる資格です。

試験勉強が苦手だったり、長らく勉強から離れていた人は複数年かけて合格を目指すと良いでしょう。

中小企業診断士で生涯年収アップ
免除制度を使って中小企業診断士試験を効率的にパスする方法

難関国家資格と言われる中小企業診断士。 普通に受験するとかなり難しいのですが、実は合格が少し簡単になる「免除制度」があります。 少しでも中小企業診断士に近づけるように免除の要件はすべて確認しておきまし ...

続きを見る

 

複数年かけて勉強するつもりなら診断士ゼミナールがオススメです。

診断士ゼミナールは一度購入したら3年間無料で最新のテキストを使うことができます。

中小企業診断士試験は時事問題が出題されるので、複数年かける場合でも毎年新しいテキストを買うのが通常です。

仮に3年間予備校に通う場合年間30万円×3年=90万円もかかることになります。

診断士ゼミナールなら5~6万円程度で3年間受講できるので、複数年かけて効率的に合格を目指す受験生にぴったりです。

できるだけ費用をかけたくないのなら選択肢に入れておいて損はないでしょう。

 

 

-中小企業診断士の難易度
-, , ,

Copyright© 中小企業診断士独学合格ナビ! , 2018 All Rights Reserved.