通信講座

現役診断士がオススメ!中小企業診断士の通信講座5つを比較!

更新日:

診断士ゼミナール2

 

中小企業診断士を通信講座で取得したい!と考えても予備校は高すぎる!」「安すぎる通信講座は不安…と悩みは尽きませんよね。

 

テキスト選びは中小企業診断士になるための最初の難関です。

出来るだけ早く教材を決めて勉強する時間を確保するのが一番ですが、通信講座選びを失敗すると非効率な勉強をすることにもなりかねません

 

本記事では現役の中小企業診断士がこれから勉強するならどの通信講座を選ぶか?評価基準を明確にして徹底解説します。

 

中小企業診断士登録証

 

中小企業診断士通信講座おすすめ比較ランキングの根拠

当サイトの通信講座の評価基準は「テキストの質」「値段」「合格お祝い金」「購入後のサポート」4つの視点から評価しています。

また、項目によって大切さが変わってくるので評価に重みをつけています。

 

当サイトでの評価基準

テキストの質(30点)
値段(20点)
合格お祝い金(20点)
購入後のサポート(30点)

 

テキストの値段や合格お祝い金については配点を少し低くしています。

もちろんこれらも選ぶ際に大切な要因ですが、一番大切なのは中小企業診断士にちゃんと合格できるかどうかですからね。

 

早く合格すればするほど不合格者と生涯年収の開きが出てきます。

テキストの質わからなかったときにサポートしてもらえるかどうか重要視して選びましょう。

 

また、各通信講座によって動画講義の有無や紙のテキストの有無などの条件が変わってくるので、

当ランキングではすべてのコースで「動画講義あり」「紙のテキストあり」という同じ条件で作成しています。

 

他のサイトでは自分がオススメしたい通信講座だけ料金の安いプランにして紹介していたりするので注意してくださいね。

 

1位 診断士ゼミナール(株式会社レボ)

診断士ゼミナールが1番人気

項目 評価 点数
テキストの質 - 24点
値段 71,300円 18点
合格お祝い金 30,000円 20点
サポート メールで何回でも質問可能 24点
総合評価 - 86点

 

採点した結果最も点数が高かった通信講座診断士ゼミナールでした。

大手予備校のコースが約30万円かかるところが約7万円で受講できるだけでなく、わからない部分は何度でもメールで聞くことができますし、テキストはフルカラーで頭に入りやすい作りです。

 

今回は評価項目外ですが診断士ゼミナールには「3年間無料延長制度」があります。

これは1度購入すると3年間新しいテキストが無料でもらえる制度です。

 

中小企業診断士試験は合格率4%の難関資格なので科目合格制度を使って上手く合格を目指す人も多いと思いますが、基本的に毎年新しいテキストを購入する人が大半です。

なぜなら、中小企業診断士試験は時事問題だったり、法律・制度が変更された箇所を出題してくるので古いテキストでは対応できないからです。

 

診断士ゼミナールなら最新のテキストを無料で使えるので複数年度使って合格を目指す場合も最適だと言えます。

 

 

診断士ゼミナールの口コミと評判

 

診断士ゼミナールのテキストはPDF版が基本セットに入っています

iPadなどのタブレットに入れればメモも残せるので「紙のテキストが邪魔」という人には嬉しいですね。

 

 

2位 スタディング(旧 通勤講座)

スタディング中小企業診断士

項目 評価 点数
テキストの質 - 21点
値段 67,200円 20点
合格お祝い金 10,000円 14点
サポート なし 18点
総合評価 - 73点

 

2位スタディング(旧 通勤講座)です。

スタディングの特徴は一次試験の勉強をしながら二次試験対策にもなる学習マップがついてくることです。

マインドマップを使い診断士試験の学習用に作ったもので、知識を体系的に覚えらることが人気です。

 

ただ、診断士ゼミナールや予備校のように質問に答えてくれるようなサポートがないのが残念です。

 

 

スタディング(旧 通勤講座)の口コミと評判

 

 

 

3位 TAC

TAC中小企業診断士

項目 評価 点数
テキストの質 - 24点
値段 375,000円 8点
合格お祝い金 受講料の30% 12点
サポート メールで何回でも質問可能 24点
総合評価 - 68点

 

3位はTACです。

大手資格予備校のTACといえば中小企業診断士試験で有名ですよね。

合格者も多く輩出しており、テキストの質・実績・サポート面からみても充実しているのですが、いかんせん値段が非常に高いです。

 

TACは通信教育で受講しようが、教室講義に受講しようが金額はほとんど変わりません。

教室受講の人たちを維持するための「教室の賃貸料」「事務員の給料」通信教育の受講生も負担させられているというのが実情です。

 

内容は素晴らしいのですが、通信教育だとコスパは悪いです。

TACを利用するのなら実際に教室で受講しましょう

一流の講師に直接質問できる環境は通信教育ではマネできませんよ。

 

TACの口コミと評判

他社に比べて口コミが多いので利用者数もおそらく多いのがTACです。(教室受講が大半)

予算と時間が許す人はTACの通学を選ぶべきではないでしょうか。

 

 

4位 クレアール

クレアール中小企業診断士講座

項目 評価 点数
テキストの質 - 18点
値段 284,000円 12点
合格お祝い金 50,000円 10点
サポート メールで何回でも質問可能 24点
総合評価 - 64点

 

4位はクレアールです。

TACと同様に校舎を構えている予備校なので通信講座だと少し割高感はぬぐえませんが、中小企業診断士に力を入れている予備校の1つです。

以前から超効率的な学習法「非常識合格法」を前面に押し出していますが、これによって劇的に合格者が増えたなどの話は聞いていません…

 

クレアールの口コミ評判

 

 

5位ユーキャン

ユーキャンの中小企業診断士

項目 評価 点数
テキストの質 - 15点
値段 98,000円 12点
合格お祝い金 - 4点
サポート 添削あり 30点
総合評価 - 61点

 

ユーキャンは通信教育の大手企業ですが、中小企業診断士あまり力を入れていないようです。

TwitterをはじめとしたSNSで口コミを調べてみても古いものしか出てこないので利用者も少ないのでしょう。

 

ユーキャンを活用する際はもう少し気軽に受けられる難易度の資格が良いのではないでしょうか。

 

ユーキャンの口コミと評判

 

かなり調べましたがユーキャン中小企業診断士講座を使っている人は非常に少なかったので古めの口コミになっています。

正直別の講座を利用したほうが賢明かと思います。

 

中小企業診断士の通信講座おすすめまとめ

診断士ゼミナールが1番人気

中小企業診断士を通信講座で目指すなら診断士ゼミナールがオススメです。

 

オススメの理由

・3年間無料延長制度
・メールで何度でも教えてもらえるサポート体制
・診断士の通信講座の中で最安級
・合格祝い金3万円

 

通学を選ぶならTACという選択肢もありますが、通信講座なら↑の特徴をもっている診断士ゼミナールで決まりでしょう。

 

より良い通信講座を選ぶのはあくまで効率的に合格するためです。

最後はどれだけ自分を信じて勉強できるかにかかっています。

使用する通信講座を決めたらすぐにネットを閉じ、中小企業診断士試験に向けて一心不乱に勉強に励みましょう!

 

-通信講座

Copyright© 中小企業診断士独学合格ナビ! , 2019 All Rights Reserved.